造血幹細胞移植

親の病気

多発性骨髄腫という病気 まとめ(母の場合)

母がなった多発性骨髄腫という病気について①~⑭まで書いてきましたが、今回で一旦、まとめとさせていただきます。 あくまでも私の母の場合のことですので、同じ多発性骨髄腫という病名であっても人により症状はいろいろあると思います。まさに十人十色だと思いますので、参考として『あ~、こんな人もいるんだ』くらいで読んでいただければ幸いです。
親の病気

多発性骨髄腫という病気⑬

母は多発性骨髄腫という血液のガンになりましたが、複数個所の圧迫骨折と二度の化学療法を乗り越え不死鳥の如く生き続けております。今まで病気や怪我なのほとんどしたことがなかった母の闘病記を多発性骨髄腫という病気①から書き綴っています。聞きなれない病名なので、ブログ上に残しておくことで同じ病気になられた方の参考や希望につながればいいなと思います。
親の病気

多発性骨髄腫という病気⑫

多発性骨髄腫とは簡単にいいますと、血液のガンです。白血病と似たような病気です。でも世間一般的には白血病のほうが知れ渡っているのではないでしょうか。しかし、その白血病も病名ばかりが有名になってどのような病気なのかよく知られていないと思います。 私の母は多発性骨髄腫になって現在で約10年生存し続けております。ガンと聞いたら余命○年とか余命○ヶ月というイメージを持たれる方も多いと思いますので、同じ病気になられた方やご家族の勇気や希望を与えられるといいなと思い書いています。興味を持たれた方は、ぜひ多発性骨髄腫という病気①からお読みいただけると幸いです。
親の病気

多発性骨髄腫という病気⑪

母が多発性骨髄腫(血液のガン)という、非常に完治しにくい病気になってから体調不良と圧迫骨折を繰り返しながらも約10年生き続けている闘病記録を息子が思い出しながら書き綴っています。同じ病気になられた方やご家族などの参考としていただければ幸いです。
親の病気

多発性骨髄腫という病気⑩

母が多発性骨髄腫という、なんとまあややこしい病気になりまして圧迫骨折を振り返しながらも生き延びている様子を息子である私(セイメイ)が同じ病気で不安に思っている方やご家族の参考になればと思い書き綴っております。興味のある方はぜひ最初の多発性骨髄腫という病気①からお読みいただけると嬉しいです。
親の病気

多発性骨髄腫という病気⑨

医師の「この病気は必ず再発しますから」との言葉どおり、母の病状は悪化していきました。 多発性骨髄腫は血液のガンで骨がもろく骨折をしやすくなる病気です。また、非常に疲れやすい病気でもあります。免疫力も低下し、いろいろな病気にかかりやすくもなってしまいます。
親の病気

多発性骨髄腫という病気⑧

母が多発性骨髄腫という平均余命3~5年の血液のガンを発症しました。『造血幹細胞移植』は成功しませんでしたが、化学療法が上手くいったおかげで発症から5年をなんとか生きることができました。今回以降は、5年後から現在までの様子について曖昧な記憶をたどりながら書いていきたいと思います。
親の病気

多発性骨髄腫という病気⑦

母が多発性骨髄腫という『血液のガン』になってしまいました。当時はこの病気の余命は平均3~5年と言われていましたが、母は現在10年目を迎えることに。それまでの間、度重なる骨折を繰り返しながらも、化学療法によりガンの進行を抑えることに成功し平均余命をはるかに上回る闘病生活を送っています。あまり聞きなれない病気ですが、多発性骨髄腫になられた方やご家族、ご友人たちの参考になればと思い書き綴っています。
親の病気

多発性骨髄腫という病気⑥

母のかかった多発性骨髄腫について息子の立場で書いています。同じ病気で悩まれている方やご家族の参考になれば幸いです。医療の専門家ではないので素人目線の感覚ですがお許しください。 経緯は多発性骨髄腫という病気①~⑤までを順にお読みください。どれも短いのですぐに読めると思います。
親の病気

多発性骨髄腫という病気⑤

母が多発性骨髄腫を発症してから約10年。その記録を息子が綴っております。記憶が曖昧なところもありますが、同じ病気になられた方やそのご家族、ご友人たちの参考になればと思っています。 内容的に重たくならないよう心がけております。また、私は医師や看護師などではないので専門的なことは書けませんが、間違った記載があればご指摘いただきますようお願いします。 今回で5回目になりますが1回目から読んでいただければ幸いです。(短いので、すぐ読めます)