台風

防災

台風7号接近中 最低限の準備を

台風7号が日本列島を縦断しそうです。明日15日には上陸しそうな状況になってきました。 台風が上陸すると分かっていてもなかなか十分な備えができないのはなぜでしょうか? 災害に備えるというのは、自然の威力に立ち向かうことではありません。災害が発生した時にどのように対応し、その後の復旧まで耐えれるだけの備えが必要なのです。 災害時は自治体などが物資(食べ物・水分)を支給してくれるから大丈夫だろう。自宅が壊滅的な被害を受けず、なんとか無事であったとしてもライフライン(電気・ガス・水道など)が数日間使用できないという可能性は十分にあり得るということを想定しておくことが必要です。
防災

沖縄で台風被害 長時間の停電に断水

沖縄は台風6号の影響で大変なことになっています。この記事を読んで『沖縄の人、大変だな』で済ませてはいないでしょうか。 台風6号は本州にも襲来するかもしれません。過去に被災経験がある人たちはその時の経験からいろいろな準備をされていると思いますが、経験のない人にとっては『自分の所では大きな被害は出ないだろう。今までも大丈夫だった』という、正常性バイアスが働いてしまいます。
防災

自然災害大国の日本で生き延びる

日本は自然災害大国です。そのような意識を持っている方はどれくらいいらっしゃるでしょうか? 日本の国土の面積は全世界のたった0.29%しかありません。それなのに、全世界で起こったマグニチュード6以上の地震の18.5%が日本で起こり、全世界の活火山の7.1%が日本にあります。
防災

災害は忘れた頃にやって来る?

日本は災害大国と言われています。地震、津波、台風、洪水、高潮、土砂災害など人々の生活や命までも脅かす数多くの自然災害。あなたは、災害についてどのように考えていますか?