化学療法

親の病気

多発性骨髄腫という病気 まとめ(母の場合)

母がなった多発性骨髄腫という病気について①~⑭まで書いてきましたが、今回で一旦、まとめとさせていただきます。 あくまでも私の母の場合のことですので、同じ多発性骨髄腫という病名であっても人により症状はいろいろあると思います。まさに十人十色だと思いますので、参考として『あ~、こんな人もいるんだ』くらいで読んでいただければ幸いです。
親の病気

多発性骨髄腫という病気⑬

母は多発性骨髄腫という血液のガンになりましたが、複数個所の圧迫骨折と二度の化学療法を乗り越え不死鳥の如く生き続けております。今まで病気や怪我なのほとんどしたことがなかった母の闘病記を多発性骨髄腫という病気①から書き綴っています。聞きなれない病名なので、ブログ上に残しておくことで同じ病気になられた方の参考や希望につながればいいなと思います。
親の病気

多発性骨髄腫という病気⑫

多発性骨髄腫とは簡単にいいますと、血液のガンです。白血病と似たような病気です。でも世間一般的には白血病のほうが知れ渡っているのではないでしょうか。しかし、その白血病も病名ばかりが有名になってどのような病気なのかよく知られていないと思います。 私の母は多発性骨髄腫になって現在で約10年生存し続けております。ガンと聞いたら余命○年とか余命○ヶ月というイメージを持たれる方も多いと思いますので、同じ病気になられた方やご家族の勇気や希望を与えられるといいなと思い書いています。興味を持たれた方は、ぜひ多発性骨髄腫という病気①からお読みいただけると幸いです。
親の病気

多発性骨髄腫という病気⑦

母が多発性骨髄腫という『血液のガン』になってしまいました。当時はこの病気の余命は平均3~5年と言われていましたが、母は現在10年目を迎えることに。それまでの間、度重なる骨折を繰り返しながらも、化学療法によりガンの進行を抑えることに成功し平均余命をはるかに上回る闘病生活を送っています。あまり聞きなれない病気ですが、多発性骨髄腫になられた方やご家族、ご友人たちの参考になればと思い書き綴っています。