生前整理・遺品整理の難しさ

終活
この記事は約4分で読めます。

こんにちはセイメイです。
親の生前整理に頭を悩ませている人、多いですね。
物をため込み、置き場所がないくらいになっている実家。子どもとしては、体力の衰えが顕著な親を見かねて生前整理の手伝いをしようとしても、なかなか手伝わせてくれない。こんな悩みを抱えている人が多いこと。
生前整理が思うようにできていなければ、親が亡くなった後には、遺品整理という作業が子どもには降りかかってきます。
遺品整理を専門業者に頼めば、子どもが作業することもなく、費用の負担だけで済むことになります。
しかし、親の遺品を業者任せで処分していいものかどうかで悩んでしまうこともあるでしょう。

にほんブログ村

生前整理の目的を明確に

親が自ら生前整理に取り掛かっている場合は、子どもとしてできるだけのサポートをしてあげるべきでしょう。例えば、重い物を移動させたりする力仕事や、粗大ごみまでの搬送などは高齢の親だけでは困難なことも多いでしょう。

しかし、生前整理など全くしようとする気配のない親には、子どもから提案(声掛け)をしてあげましょう。
ただし、単に『生前整理をしよう』と言うだけでは親もその気になりません。必ず、目的を明確にし、親が理解して納得したうえで始めるということを覚えておいてください。

《生前整理の主な目的》
・物につまずいての転倒を防止する。
 ➡自宅内の物につまずいて転倒し骨折をする高齢者は多いです。高齢になってからの骨折は車椅子生活や寝たきりになったりする恐れもあります。なるべく床には物を置かないようにして、転倒を防止するために整理整頓をしておく必要があります。

・綺麗な空気の部屋で生活をする。
 ➡整理整頓ができていれば掃除もしやすくなります。逆に散らかっている部屋では、掃除もままなりません。つまり、ホコリやカビ、雑菌などが繁殖しやすくなり、毎日汚れた空気の中で生活するようになります。これでは快適な環境で生活しているとは言い難く、健康も脅かされるかもしれません。

・大切な書類が見つかる。
 ➡もしかしたら、失くしたと思っていた書類や探し物が見つかるかもしれません。それは、家族のこと、不動産のこと、財産のこと、先祖代々に伝わる古文書みたいな物もあるかもしれません。

・子どもに残しておきたいものを明確にできる
 ➡生前整理なしに亡くなった場合、子どもが遺品整理という形で作業をすることになります。子どもとしては、処分の判断に迷うものがたくさんあり、大変な労力を費やすことになります。遺品整理が少しでもラクになるよう、処分せず残しておきたいものは生前整理でハッキリさせておく。

専門業者に依頼する場合は

遠方に住んでいたり、時間が多く取れない子どもにとっては、遺品整理の専門業者に依頼するというケースも増えています。
業者に依頼すれば、1~2日で作業を完了させてくれますので、大変有難いことだと思います。
その反面、親が生前大切に使っていた物も粗末に扱われることを覚悟しなければなりません。引っ越しではなく、処分品の搬出であるため仕方のないことですが。

遠方の子どもの場合であると、作業に立ち会わない人もいるそうで、少し残念な感じがします。
やはり、親の遺品なので子どもとして見届けたいという思いの人のほうが多いとは思いますが。

そこで、注意点があります。

専門業者に依頼した場合、大切な書類(遺言書、家系図、エンディングノートなど)や現金、写真なども気付くことなく一緒に処分されてしまう可能性があります。
現金に関しては、発見した業者が依頼主に届けることなくポケットにしまい込んでしまえば犯罪なので、そのようなことはないと信じたいですが、処分品に紛れ込んでしまう可能性は大いにあります。
それでも構わない、と思う人は遺品整理専門業者に依頼することもいいでしょう。

可能な限り、生前整理を手伝ってみませんか

『親が生前整理する?そんなん出来る親だったら言わなくてもしてる。今からなんてムリ、ムリ』と言う人もいるでしょう。
ましてや、それを手伝うなんて『もっとムリ~』と言っているそこの人たち。そう言わずに、生前整理の目的やメリットをしっかりと伝えれば親もその気になってくれるかもしれませんよ。
アルバム整理もしていたら、親との思い出話に花が咲き、生前整理をしていて良かったとお互いが思えれば最高ではないでしょうか。

ただ、親子げんかにならないように最善の注意を払ってくださいね。
あと、財産目当てとか思われないようにも注意しましょう。

生前整理を親子で一緒にすることは、家族の絆を深める絶好の機会ですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました