災害は忘れた頃にやって来る?

防災
この記事は約3分で読めます。

日本は災害大国と言われています。
地震、津波、台風、洪水、高潮、土砂災害など人々の生活や命までも脅かす数多くの自然災害。
あなたは、災害についてどのように考えていますか?

にほんブログ村

自分の住んでいる地域の危険性を知っておこう

住んでいる地域が海や山・川から離れているから大丈夫だということはありません。特に水が関係する災害は広範囲に影響します。大雨で川の堤防が決壊すれば、上流で降った雨が決壊部分から流れ出て想像以上の地域まで浸水してしまいます。
まさか、自分の家まで水がくるとは…となる前に役立ててほしいのが『ハザードマップ』です。

ハザードマップを見て何を思う

ハザードマップを見られたことのある人は多いと思います。「まだ見ていない」という方は、ぜひご覧いただきたいと思います。今は自治体で無料配布されている地域もありますし、インターネット上で確認したりすることも可能です。
そして、大切なのはハザードマップを見てみなさんが何を思うかです。
自宅が浸水エリアなのかどうかを確認し、もし浸水するのであれば何メートルくらい浸水するのかを見て『マジで!嘘やろ~』って思い、それで終わってしまう人が大多数。そして、これらの人が一番危険なのです。
また、浸水エリアに該当していなかった人たちも、実は注意が必要です。『想定外の規模の災害』って近年よく聞きません?『想定外の規模』って、これは言い訳のように聞こえるかも知れませんが、言い訳ではないのです。堤防でも河川の整備でも『何年に一度の大雨を想定した計画』に基づいて行っています。そうでなければ、どの程度で整備を進めて行けばよいのか方向性が定められません。そのため、想定以上の大雨が降れば、堤防も河川も耐えきれなくなり災害が発生してしまうのです。だから、浸水エリア外の人たちも想定外の雨が降れば自分の住んでる地域も危険にさらされる恐れがあるということを十分に理解しておきましょう。
ハザードマップポータルサイト

まとめ

『災害は忘れた頃にやって来る』という言葉は、防災意識の啓発のためよく使われていた言葉です。しかし、地震は季節を問わず365日24時間、いつ発生するか分かりません。断層がないと思われている地域でも、それは確認されていないだけであって、実は未確認の断層もたくさんあるそうです。
水害に関しては、台風の発生や梅雨前線・秋雨前線が活発になることが前もって予想されるので、ある程度、備えることができます。
災害は忘れなくても必ずやって来ます。そう思っていたほうがいいでしょう。
災害大国の日本に住んでいる限りは、災害に対してもっと意識を向け、何らかの対策を取っておく必要があるでしょう

セイメイ
セイメイ

防災対策はどんなことでもいいです。「何をしたらいいのか分からない」は言い訳ですよ。

非常食の確保から避難計画を立てること家族会議をすることでもOK!

自分の命は自分で守るのが基本です。さあ、今からでも始めてみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました